最近になってもてはやされてきた感じのあるタイラバに使うタックルについて改めて考察してみます。ある程度のテクニックを必要とするルアーを使ったフィッシングの種類の中でも比較的簡単にはじめることができて、なおかつ海の王者とも称される真鯛を釣るのであるから釣っても楽しく食べても美味しい魚は一般人にとって人気になりやすい。タイラバもそれと同じ理由で広まったと言える。特に初心者の方が気になるベテランが使うおすすめのタイラバのロッドやリール、タイラバのカラーまでを独自の視点から偏見も交えてお伝えします。

おすすめのタイラバロッドは乗せティップと強靭バッドパワー

タイラバにおすすめなタイラバロッドの基本スタイルは「繊細なティップと」強靭なバッドパワーという二つの対局するような性能を併せ持ったロッドがおすすめなのだ。その理由を納得のいくように事細かに説明していくと、まずは穂先の部分、真鯛のは口が小さく非常に硬くてフッキングしにくい上に周りの海水ごと吸い込むような捕食の仕方をするわけではなく、ゴンと小さな口で食らいついてきますのであまり堅い調子の穂先のタイラバロッドでは当たりを弾いてしまい上手く乗せられません。だから繊細なティップのほうが良いのです。また真鯛は50cm級が釣れることもザラにありその引きはものすごく強く、根魚の好む同じような場所を居るので掛かってもグングン潜り浮き上がってきません。そのためそのパワーを受け止められる強靭なブランクスとバッドパワーをもったタイラバロッドおすすめです!

タイラバリールはベイトリールで!最大巻き上げ長がキモ!

タイラバおすすめリールはそのタイラバの釣り方によっても大きく異なるため一概には言えないが一般的なタイラバの船で沖合に出てから行うオフショアものが基本だとすると、絶対にベイトリールのほうが有利なのだ。バーチカルジギングと呼ばれ船からキャストせずにほぼ真下に落とし引いてくる(巻いてくる)ので一般的なリールでドラグが3.5~5キロもあれば十分タイラバで使用が可能。なぜベイトリールがいいのかというとズバリ落としてマイクだけの釣りなのいちいちヴェールを戻す必要のないベイトリールのほうが片手で操作が行え「手返しが良い」。それにパーミングさえしていれば手元に伝わる感度もベイトリールのほうが勝る。あとは大切なのが「最大巻き上げ長」が約70cm前後が相対的な目安となるため、ジギング用のハイギアなどで100cm前後のリールだと話が噛み合わないし、そもそも1回転で巻く長さが長いリールでゆくっりと巻いても、巻取りが短いリールと同じスピード(巻く速さ)にはならないから。このあたりは気を付けたい。むしろハイギアとローギアをお金に余裕があるなら二つ揃えられるというのなら話が別なのだが…。

よく釣れるはずの鯛ラバが釣れない人の言ってること

よく釣れるはずの鯛ラバが釣れないと言ってる人によく話を聞きながら一緒に釣りをしているとある共通点があることに気がつきました。昨今の鯛ラバはオフショアでエサ釣りで真鯛を狙っていた人達と、ショアでルアーフィッシングだけをずっと続けてきた人の混合になっています。ずっとエサ釣りをしてきた人からすればずっと落としては巻いての繰り返しで釣れい時間が長ければ「釣れない」となるし、ルアーフィッシングに慣れている人からしても落としてゆっくり巻くだけの鯛ラバの場合、かったるくて釣れない時間が長すぎるともちろん「釣れない」し、「おもしろくない」となってしまいます。でもこの両者の言ってる「鯛ラバが釣れない」は同じようであっても感じ方が違うためにそれを克服するための治し方も異なるために一緒に話をしていいてもちぐはぐになり噛み合わないのです。