タイラバの釣れるカラーっていつの時代も人によって違う理由がけっこう普通

タイラバの釣れるカラーは気にはなるけど、そんじょそこらじゃ簡単に教えちゃくれないし、釣れてるひとほどよく知っている!?と思われるものの、いろんな状況に合せて使いこなすためのタイラバのとっておきの釣れるのカラーをいろいろ調べてみるといろんな文献をあさればあさるほど読めば読むほど「ぜんぶ釣れる!」、「どの色でもいい!」ってなってきたのでなんでいつもタイラバに限らず同じ疑似餌のルアーにエギなんていつもカラーの事を議論すると食い違うのだろうとそっちの方へ疑問が出てきたので自分なりに考察してみた結果がこちらです⇒基本的にですね共通しているところは水質がクリアな状況とかはナチュラル系ですね。いわゆるマッチザベイトでその時の真鯛のエサになっているものを選ぶのがいいことは変わりがありませんでした。ベイトがエビであれば赤やオレンジやピンクゴールド。小魚であればシルバーやゴールドまたはグリーンのヘッドにゴールドやグリーンのネクタイと同色系統のスカートを合わせるとされています。多少の幅はありますが。このように違うようで大体は同じなのです。じゃ例えばベイトが小魚ときにグリーンが正しいのかゴールドが釣れるのか?というとどっちも正しくてどっちも釣れる可能性があるということです。
タイラバに猛アタックする真鯛の迫力の水中動画!