持っていると「おぉ~ッ」となる通好みのおすすめタイラバロッド10本とその理由

タイラバロッドのおすすめと聞けばショップでの売れ筋やSNSなどでもよく聞く人気のあるもので比較的入手しやすい価格帯のものが一般的だけどここではちょっと違う目線でタイラバロッドを選んでおすすめすることにして見ました。値段は度外視してより通好み!?なタイラバロッドをどうぞ!

テイルウォーク 17ソルティシェイプダッシュ タイラバ

タイラバにおいて知られざる数々の実績を残してきたテイルウォークならではデータをもとに開発されたタイラバ専用ロッド。経験の浅いアングラーに必須な要素であるオートマチックなフッキング性能も。2017年に4ラインナップ追加された。

ジャッカル ビンビンスティックRB

タイラバデビューはこれで決まり!というジャッカルの謳い文句に意味するこのメーカーが持つタイラバのノウハウを惜しげもなく盛り込んだにも関わらず価格帯を抑えて「最初のロッド」として位置づけているまさにビギナー向け。

メジャークラフト エヌピージャック タイラバ

ナノアロイを素材に使用した剛性を損なわずにネバリと、しなやかさを両立させたメジャークラフトの中でも一押しの1本。ソリッドティップとチューブラーモデルが用意されています。今どきこの金額くらい出すとホントに上位機種との差をあまり感じなくなる。

テイルウォーク タイゲーム TZ

リリース、ボトムタッチ、アクションのタイラバにおける一連の動作をスムーズに行える軽量感と不意に訪れる大鯛とのビッグファイトも難なくこなすパワーの相反する性能の追及がここに形に!よく粘り曲がるフルソリッッドもあり。

バレーヒル ジャックセイバーSX

近年注目を集めるライトジギングに特化させたロッドシリーズ。もちろんタイラバも可能。個人の用途にあわせて選べる豊富なラインナップも魅力。心持ち重たく感じる自重は否めないがこのクラスではハイパフォーマンスを発揮する納得のスペック。

ダイワ紅牙 EX AGS

筋金入りのタイラバフリークのために用意されたタイラバロッドの最高級。中井一誠監修の究極の乗せロッドタイプN(7種)やダイワがはじめてタイラバの世界で提唱した掛けのタイプK(1)と2種類のタイプの異なるロッドを用意。

シマノ 炎月 リミテッド

炎月プレミアムだけでも円熟の極みを感じていたものをさらにブラッシュアップ。リールシート、グリップ、スパイラルガイドの方向など左用と右用別々にセッティングされているのだから驚くほかない。シマノが提唱し続けるリーリング時のブレの軽減はここまで進化した。究極のタイラバロッドがここにある。

テンリュウ レッドフリップ

テンリュウ特有の製造法である若干量のグラス素材とカーボンという全く異なる素材同士でブランクスを形成する独自の製法で作られた「気持ちよく曲がる」タイラバロッド。グラス特有の重さは安心感と直結している。グラスロッドの良さを知っている大人の向け1本。

オリムピック ヌーボ パグロ

タイラバしているとよくわかる「アタリはあるのに乗らない」状況。硬い口元で繊細なアタックの真鯛に焦点をあわせて専用設計されたソリッドティップで小さなアタリも完治し若干ハリをもたせたベリーで力強くフッキングする。持っていて恥じることのないロッド。

メジャークラフト ジャイアントキリング タイラバ

大型の真鯛だけに狙いを定めた専用ロッドでこの価格は反則ものだ!このシリーズのおすすめはやはりソリッドティップロッド。100gオーバーで深場の大型マダイを攻略するために開発した乗せ調子なのに強度も優れている。4種類揃う。

【参考資料】
タイラバロッドおすすめ

真鯛は雑食!?何でも食べる食性を生かしたタイラバの種類


我らがタイラバの主たるターゲットである真鯛は結婚式などお祝い行事によく盛り込まれることから庶民からすると高級魚のイメージが強い。タイラバで釣るときにこの真鯛の何をどのように食べているのかを研究して釣り方を考えなければ疑似餌の釣りは成り立たない。そこでよく調べてみるとなんと真鯛は雑食であることが判明しました。綺麗な女性は大便しないという思い込みにも似た勝手なイメージから真鯛は良質の白身を持つ小魚だけよって食べていそうな気がしていたのでこれには意外であった。大好物は小イワシやキビナゴの小魚に海老だが、そのほかにもカニなどの固い甲羅を持ったものまで食べるし、さらには虫系のゴカイやイソメ類、ユムシなども好んで食べる。そうした食性の背景には真鯛の持っている強靭な顎にも関係がありそう。決して大きくない口は周りの海水ごと吸い込んで食べるのではなくついばむようにしてからガチっと強力な顎で噛みちぎる。だから固い甲羅を持ったシャッコやカニなどもなんなく食べられる。ここまで許容範囲が広いと釣りの対策に迷う。そこの地形とか地域による気候とか、現在真鯛のエサとなるものが繁殖している時期などを見極めてその時々でそこにいる真鯛が食べているエサを想像してみると釣果につながる。タイラバも間違いなくマッチザベイトが基本だ!

こちらのサイトを参考にしました↓
真鯛の生態学を学びタイラバ釣果率アップ大作戦!

よく釣れるタイラバの爆釣カラーマル秘報告


よく釣れる鯛ラバの爆釣カラーは?ってよく聞かれます。まだ鯛ラバをはじめて4年ほどでしかない僕に聞かれてもそんな有意義な答えが出せるとも思いませんが(笑)批判を承知で申し上げるとですね。そんなものはそんなに簡単に人様が教えてくれるはずがないというのが本音です。と申しますのもメーカーのホームページで「よく釣れるタイラバの爆釣カラー」はとかそんなことを書いてあることがありますが、よく見てください「この場所、この時間(季節)、潮周り」まるで違うわけでして、同じおすすめのカラーのものを購入したからと言っても、それこそ自分が持っていた季節、時間、場所、潮周りで全く釣果に結びつかないこともあるのです。参考程度にして、自分の行くフィールドにおいて行く回数を増やし、自分で考え、いろんなカラーのネクタイ、ヘッド、スカートを試しながらノウハウを蓄積していく以外に、「自分の行くフィールドで」の“よく釣れる鯛ラバの爆釣カラー”などありえないのです。

極論を申し上げましたが、そのような考え方が基本だとしても、ある程度汎用、応用が利く定番ヘッドカラーというものは存在しているように思えます。こちらのサイトが非常に役に立ちました↓
タイラバの釣れるカラー大公開